犬と猫

ペットロスってなに?どうやって日常に戻る?

多くの飼い主さんがペットとの別離を経験すると大きな悲しみや喪失感に襲われます。
長い間生活をともにしていた愛するペットを失うことは家族などの大切な人間を喪失したときに匹敵するほどの衝撃を受ける人も珍しくないのです。
飼い主さんによっては悲しみのあまりうつ病などの精神疾患や持病の悪化などの事態に発展することもあるのです。
このようなペットロスとはいかなるもので、なぜ重症化することがあるのか、克服や改善方法などはどのようなものがあるのかを検討してみたいと思います。

落ち込む女性そもそもペットロスはペットを無くした喪失体験が原因で気分の落ち込みや気力の喪失などを招くことを言います。
時には日常生活が困難なうつ症状を伴う場合もあります。
ペットロス症候群は、近年では健康問題にもつながるため注目を集めることになりました。
こういった現象が多く見られるようになったのは家族内におけるペットのありようが、以前からは大きく変容を遂げている事実が密接に関係しています。

昔はせいぜい番犬やネズミ駆除などの使役のために犬や猫などは飼育されるのが一般的でした。
しかし人間とペットの距離感はますます縮まり親密な関係を構築するようになり、愛玩の対象から家族同等のかけがえなのない存在と認識されるようになりました。
そのためペットとの別れに悲しい思いをしたり、生前の元気な頃の思い出を思い出すたびに悲しい思いにとらわれるなどの悪循環に陥ります。
このような飼い主の悲しい思いを題材にした「虹の橋」といった作者不明の詩も各国で読まれているほどです。
先になくなったペットも飼い主が死亡すると再びあいまみえることで終わる、「虹の橋」はペットとの別れに直面した飼い主の心模様を言い当てているのかも知れません。

しかしいくらペットとの別れが悲しいからといって、日常生活にも支障が出るような事態は改善を図る必要があります。
先立ったペットたちも、飼い主さんがいつまでも悲しい思いにとらわれたり体調を崩したりするのはねがうところではありません。

ペットロスの改善方法の第一歩は、別れを受け入れることだとされています。
「別れを受け入れる」と聞くと泰然自若とする態度を想像しがちですが、そうではなくむしろ悲しみに向き合い時には号泣して思いのたけを吐き出すことも意味しています。
復帰のためには親しい友人などに相談するのも一つの方法です。
同じ経験をした人に相談することも共感できる部分を多く感じることが出来るでしょう。
ペットロスから復帰するにはその死を受け入れ、悲しみに正面から向き合うことが必要です。
ペットロスからの復帰のためにまたペットを飼うという方法もありますが、逆に死んだペットのことを思い出すこともあるので慎重に判断するべきです。

おすすめ記事